車がローンの担保になっていると自由に売買できない

車の買い替えなどで、ローンがまだ残っている車を売却したいという場合のおすすめの方法を紹介してみましょう。

ローンが残っていても、銀行ローンなどのように自分の車がローンの担保になっていない場合は自由に売却することができますが、

問題はディーラーで組んだローンなどのように、ローンの返済が済むまで車の所有権が留保されている場合です。

車検証を開いて左側、中ほどの「所有者の住所」「所有者の氏名または名称」を確認してみてください。

ここの名義が信販会社やディーラーになっていれば、つまりあなた自身の名義になっていなければ、その車はローンが残っているためにまだあなたの所有物になっていないということになります。

この場合、ローンが終わるまでその車を売却することはできないのかというと、そんなことはありません。

たとえば、残っているローンを全額返済して車の所有権の留保を解除し、自分の名義の車にしてしまえば自由に売却することができます。

これは最も分かりやすい方法なのですが、デメリットは一時的に多額の現金を準備しなければならないという点です。

「車を売ったら現金が入るから、後払いで所有権の留保をしてくれ」などということは通用しません。

後で車の売却代金で埋めることになるにしろ、一時的にローン清算のための現金を用意することはそう簡単なことではありません。

また、ローン清算、所有権移転の手続きも簡単なものではありません。

結局は、現金を準備できない場合ローンが終わるまでその車に乗り続けなければならないのでしょうか。

■車買取店が現金立替え、手続き代行を無料でやってくれる

正確な統計は知りませんがローンで車を購入する人はかなりの割合になっているようです。

車買取専門店にとって、このようなローンが残っている車を買い取りできないことになればビジネスの領域が大幅に狭くなってしまいます。

そこで、近年では車買取店のほとんどがローン残の車でも買取りできるよう次の無料サービスを行っています。

・ローン清算のための現金を一時的に立て替えること

・ローン清算、所有権移転の手続きを代行すること

つまり車買取店は、買取する車の代金を担保にしてローン清算のための現金立替えを行い、所有権の移転手続きも代行することによって、ローン残のオーナーがその車を売却しやすくなるようにしているということになります。

ローンが残っている車を売却する方法としては、この車買取店の代行サービスを利用するのが最も簡単で安心なのではないでしょうか。

■売却金額とローン残額との差額は契約時に清算される

さて、車買取店に車を売却する場合、ローンの残額を車買取店が立て替えてくれることは分かりましたが、車の売却金額(査定額)がこの立替金額と同じになるとは限りません。

むしろ食い違うことがほとんどだと思いますが、その場合の差額の処理はどうなるのでしょうか。

これは次の二つのケースに分けてみれば分かりやすいと思います。

①車の売却金額が立替金額を上回る場合

②車の売却金額が立替金額より小さい場合

①の場合は、立替金額を車の売却代金で埋め合わせても残額が出るのですから、その残額はあなたに戻ってくることになります。

逆に②の場合は、業者の立替金額を車の売却金額で埋め合わせることができませんから、その差額を現金で車買取り店に支払うことになります。

車の査定をして売却金額が決まれば、このような形で契約のときに清算するという仕組みになっています。

■まずはできるだけ高く売ることを考えよう

上で紹介したように、ローン残の車を売却するときはローンの清算に充てる金額を確保すできるよう、できるだけ高い金額で車を売却するよう心掛けることがコツになります。

このためこうした仕組みを分かっている方などは、一括査定を利用するなどしてできるだけ多くの車買取店に査定してもらい査定額の競争により売却金額を高くするというやり方をします。

1店だけの査定では競争相手がいないので高額査定はなかなか難しいですが、複数の業者に査定してもらえば競争により売却価格がつり上がるというわけです。

査定額が高くなればなるほど現金の持ち出しが少なくなり、うまくいけば差額の現金が戻ってくるのですから、頑張り甲斐があるというものです。

車一括査定の無料サービスを利用すれば、ネットからの一度の入力申し込みで最大10社など多くの車買取り店に一括して査定依頼を行うことができます。

出張査定も自宅で無料で受けることができますので、ロー残の車を売却する方にはおすすめですよ。

このページの先頭へ