ローン残の車でも準備するものは基本的に変わりない

ローン残の車でも売却のときに準備するものは基本的に普通の車のときと変わりません。

車売却するという場合には様々な手続きがあります。

出来ることならそのような手続きはスムーズに行ないたいものなので、手続きに必要なものなどはきちんと準備しておきたいものです。

車売却を行なう時に必ず必要なものもあれば、出来ることならあった方が良いというものもあるので、しっかり知っておいてきちんと準備しておくことをオススメします。

手続きで必ず必要となってくるのが、自動車納税や自賠責保険の証明書や車検証です。

これらはほとんどの人が車に保管しているのでわざわざ準備しておく必要はないと思うかもしれませんが、車にあると思っていて、車売却の直前になって、いざ探してみると見つからないということもありますので、早めにきちんと揃っているか確認しておくことをオススメします。

その他には実印と印鑑登録証明書も必要です。

印鑑登録証明書は発行してから一ヶ月以内の証明書が必要ですので、計画的に準備しておく必要があります。

後は、車売却して、お金を振り込んでもらうための口座やリサイクル券も事前に準備しておいて車売却に備えておくべきものとなります。

さらに、車の取り扱い説明書や整備手帳、鍵のスペアなどは必ず必要とされるものではありませんが、揃っていることで車売却価格が高くなる場合もあるので、ある場合は準備しておくと良いでしょう。

また、車の改造をしている場合は、元のパーツがない場合は減額されてしまうケースが多いので、元のパーツがある場合は準備しておくべきでしょう。

このページの先頭へ