下取りと買い取り 双方にそれぞれのメリットがある

車の買い換えをする際に車売却する手段として、ひと昔前であれば車を購入するディーラーに下取りしてもらうというのが一般的であったのですが、現在では、買い取り業者に買い取ってもらうという手段をとる人が増加しています。

下取りや買い取り業者に買い取ってもらう他にも車売却の方法はありますが、この二つの方法が現在では主となっています。

下取りと買い取りではどちらが良いのかということは、その人やその車の事情にも左右されるものであるので、自分がどちらの方法をとった方が良いかは、双方のメリットを知った上で判断するべきだと思います。

では、下取りと買い取りでは、それぞれどのようなメリットがあるでしょうか。

ディーラーに下取りしてもらうことの最大のメリットは手続きが非常に簡単にすむということでしょう。

買い取り業者などを新たに探す必要もありませんし、手続きも新たに買い取り業者と行なう手続きと比較しても簡単になるのは非常にありがたいことです。

また、年式が古い場合や事故車など、買い取り業者で買い取ってもらえそうにない車でも下取りしてもらえるのもメリットといえるでしょう。

何と言っても便利なのは、車の購入のための手続きと車売却のための手続きが、ワンストップで一度にディーラーの担当者にやってもらえるということでしょう。

下取りでない場合は、今の車を売却するための名義変更などの一連の手続きを車買取店などで別立てに行わなければなりませんが、ディーラーでの車購入の手続きとは別立てで行うことになり、手続きがいわば二本立てになってしまいます。

下取りの場合の物理的な面での最大のメリットはこの点だという気がします。


買い取り業者で車売却することのメリットは何といっても車を高く買取りしてもらえるということでしょう。

現在、買い取り業者は非常にたくさんあり、買い取り業者によって買取り価格は大きくことなるので、しっかりと買い取り業者を比較して高い価格で車売却することが出来るので、多少手間が掛かってでも行ないたいという人も多いでしょう。

特にローンの残っている車を買い換える場合は、今の車の査定額がローンの清算のための自己負担に直結してきますので、査定額が下取りより有利になるということはとても大きなアドバンテージになります。

査定、買取り額が十万円以上も違うとなれば、手続きが二本立てになり多少面倒になってもやはり自己負担の軽減につながる車買取店での買取の方を選択することになるのではないでしょうか。

しかも、しかも現在ではほとんどの車買取店がローン残の場合の所有権移転手続きやローン清算金の一時立替などを行っていますので、この面でのディーラーとの違いも少なくなっています。

査定額がローン清算の場合の自己負担に直結してしまうローン残の車の売却こそ、査定額が有利になる車買取店での買取りを積極的に選択した方がいいと思います。

しかも、車買取店の買取なら複数の業者を競わせて査定額をつり上げることもできるのですから、なおさらです。

車種によっては高額査定が実現し、売却金額をローンの清算に充ててもオツリが来るような場合もあるようですから、ぜひがんばってみたいものですね。

このような場合は、そのオツリ相当分を新しい車の頭金にすればいいのですから、新しい車購入のローン負担や現金持ち出しも軽減できるという訳です。

無料一括査定なら簡単に複数の車買取業者に査定をしてもらうことが出来ますので、ぜひトライしてみてください。

このページの先頭へ