ローン残の間はローン会社等が車の所有者

車を購入した場合、多くの方がローンを組んでいると思います。

現在でも車のローンを返済しているという人も少なくないでしょう。

意外と知られていないことですが、現在車のローンが残っている人は、全てのローンを払い終わるまでは、その車の所有者になることができないということをご存知でしょうか。

ローンが残っている間は、ローンを組んでいる業者、もしくは購入したお店が所有者ということになるのです。

ローンの返済中は所有権がないからといって、普段その車を利用することには何の影響もありませんが、何らかの理由で車売却をしたいとなった場合、所有権のない人が車売却を行なうことは出来るのかという疑問が出てくると思います。

基本的には、ローンの返済を済ませて所有権を持つまでは車売却を行なうことは出来ません。

しかし、車売却によって得ることが出来る額で残りローンを返済出来るという場合であれば、車売却額をローン返済に使用することを条件に車売却を行うことができます。

また、業者によっては、その業者で車の買い替えを行なってくれるのであれば、という条件で残っているローンの肩代わりを行なってくれるというところもあります。

よって、車のローンが残っていて、車売却を行ないたいという場合であれば、まずは買い取り業者に査定してもらう必要がありますし、ローンを完済できるためになるべく高い買い取り業者を見つけることが出来るように、複数の業者に査定を依頼することがオススメです。

このページの先頭へ