査定士と呼ばれる専門家が車の査定を行なう

車の買い替えなどで車売却を行なう人にとっては、新しい車の購入費に充てて少しでも負担を減らしたいので、なるべく高く買い取ってほしいと思うのは当然のことだと思います。

車売却を行なう時は、車の査定を行なってもらうことになりますが、依頼した業者できちんとした査定を行なってくれるのか、どのような人が査定を行うのかと不安に思う人もいるかもしれません。

車買い取り業者の査定を依頼すると査定士と呼ばれる専門家が車の査定を行なっています。

査定士とは、査定を行なうための資格を持っている人で、その資格を得るための試験も、誰でもすぐに受けることが出来るわけではなく、運転免許証をもっていることはもちろんのこと、整備経験もしくは自動車販売の経験も半年以上必要で、資格を得るための研修も受けていなくてはいけません。

逆に言えば、査定士という資格の試験を受けるための条件を満たし、その試験を通過した人のみが車の査定を行なうことが出来るということが制度で決められているということなので、安心して査定をお願いすることが出来ると言えるでしょう。

さらに、査定項目が非常にこまかく設定されていて、プロの査定士が査定を行えば、ほぼ同じ査定結果になるような仕組みが出来上がっているのです。

しかし、査定士も人間ですし、査定の基準以外の部分で査定額が多少増減するという事実もありますので、良い印象を持ってもらうことによって車売却価格が上がることもあるということを知っておくと良いでしょう。

このページの先頭へ