走行距離は大きな査定ポイント

車売却するタイミングは人それぞれだと思いますが、走行距離を車売却のタイミングとして目安の一つにしている人も少なくないでしょう。

車売却のために買い取り業者などで行われる車査定では、走行距離というのは大きな査定ポイントになります。

当然、走行距離の少ない車の方が買取り価格は高くなりますし、走行距離が多くなれば買取り価格が下がっていきます。

走行距離以外にも様々な項目がチェックされて買取り価格が決まっていくというのが現在の買い取り査定ですので、車売却をする際に走行距離のみにこだわる必要はありませんが、走行距離が五万キロと十万キロというのは車の査定で大きな区切りとなるので、知っておくとよいでしょう。

まずは走行距離が五万キロを超えているかどうかによって、大きく査定が変わると言われています。

現在の車が走行距離で五万キロを超えたからといって、走りが悪くなるというようなことはありませんが、五万キロと一つの大きな目安とされているのがもし車売却を考えている人で五万キロを超えてない場合は、この五万キロ超えるまでに車売却をして買取り価格が下がらないようにするというのも一つの方法と言えるでしょう。

次に走行距離の大きな区切りとして十万キロです。

走行距離が十万キロを超えてしまうと、査定では大きく評価を下げてしまうことになります。

場合によっては、値段がつかなくなるケースもあります。

車売却の際に高く売ることを重視するのであれば、この五万キロ、十万キロを意識すると良いでしょう。

このページの先頭へ