契約書に簡単にサインしない、車の引渡しは慎重に行なう

車売却を行なう手段として、買い取り業者に車売却するというのが主流となっています。

最近では多くの買い取り業者があり、業者によって買取り価格も大きく異なるために、高い買取り価格で買い取ってもらえる業者を選ぶことが出来るというメリットもあります。

数多く存在している車買い取り業者のほとんどがきちんとした業者であり、誠実な対応をしてくれるのですが、ごく一部では強引な手段で車を買い取ってしまったり、料金の支払いでトラブルになってしまうような業者が存在しているのも事実です。

万が一、そのような業者を知らずに選んでしまった場合であってもトラブルに巻き込まれないように冷静な対応をとることが車売却では非常に重要です。

トラブルに遭わないようにするポイントとしては、契約書に簡単にサインをしないということと、車の引渡しは慎重に行なうことです。

契約書に記載されていることは、仮にこちら側にとって不都合なことであっても、サインをしてしまえば承諾したことになるのです。

また、どのような理由であっても契約後に契約を取り消すことはできませんし、キャンセルしても高いキャンセル料が発生します。

よって契約書は細部まで確認し、じっくりと検討してからサインを行いましょう。

また、契約前やお金を受け取る前に車を引き渡してしまうということもトラブルの元になってしまいます。

きちんとした業者であれば、契約前に車をもっていくということは有り得ないのですが、一部の業者ではそのような事例もあるので、注意が必要です。

このページの先頭へ